2006年06月24日

EVERYONE STARES: THE POLICE INSIDE OUT

stewart copeland

NXNEのカンファレンス最終日にカナダ出身で現在サンタモニカ
在住の元ポリスのドラマー、Stewart Copelandが登場した。

ポリスがバリバリ活動していた当時のプライベートフィルムを
彼自身が監督・脚本してまとめた映画、
EVERYONE STARES: THE POLICE INSIDE OUT
を宣伝するための公開記者会見みたいなことになってた。

police_small.jpg

映画にでてくるシーンをいくつかプレビューしてたけど、
なかでもこのポスターに使われてるシーン。(夏フェスでの
演奏をステージの後ろから撮影。)Stewart Copelandが
カウントをだしてガシガシとドラムを叩き始めたところ、
そのテンポが早すぎて、スティングが
「おい、ステュワート、早すぎだよ。早すぎて弾けねえ」
と言って、演奏をやりなおすエピソードのシーン。
ちょっと笑ってしまった。秋にはDVDになるんだそうだ。


#昨日のmusic-islands.comが落ちてました件で、「サーバが
アンジョウ動いてるか監視するサービス」を勝手にやって
くれてるエージェントから「お宅のサーバは11時間、
ズッコケた後、復帰しましたぜ」と親切なメールがきた。
こっちの感覚だと4時間くらいだったので、やっぱDNS系の
トラブルだったと思われる。そのわりにホスティングから
何の連絡もなかったぞッ・・・

posted by 満身慢心 at 05:43| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | NXNE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Copeland - You Love to Sing
Excerpt: copeland の You Love to Sing のライブ映像
Weblog: エモパンクストリート
Tracked: 2006-10-15 17:00
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。